[2021年版]必見!よくわかる!『Amazonギフト券』購入方法・使い方・キャンペーン

Amazonギフト券』の購入方法(買い方)・使い方・キャンペーンなどの情報を、Prepaid mania(プリペイドマニア)が、わかりやすく解説します。

こんな人に最適な情報です。

  • Amazonギフト券を、初めて使う!
  • キャンペーンでもらったAmazonギフト券の使い方を知りたい。
  • Amazonギフト券をプレゼントや贈答で、買いたい。
  • Amazonギフト券の種類と選び方を知りたい。
  • 代引き手数料がもったいないと思っている。
    (Amazonギフト券のメリットを知りたい。)
  • Amazonギフト券のお得な購入方法を知りたい
    (Amazonギフト券の購入でAmazonポイントがもらえる方法を知りたい。)
  • Amazonポイントって何?
    (Amazonギフト券とAmazonポイントとAmazonコインの違いを知りたい。)
  • Amazonギフト券のキャンペーン情報を知りたい?

Amazonギフト券』を初めて使う人、初めて買う人、初めてプレゼントで贈る人から、Amazonギフト券を普段から購入していて、もっとお得な購入方法を知りたい方、もっと便利な購入方法を知りたい方にまで、おすすめの情報です。

参考 Amazonギフト券キャンペーンPrepaidmania

Amazonギフト券とは?

Amazonギフト券は、Amazon Gift Cards Japan株式会社が発行するプリペイドカード/コード(前払式支払手段、いわゆる金券の一種でwebサイト上でつかえるプリペイドカード、プリペイドカードコードの一種)です。

カードやコードを購入して、Amazon.co.jpのアカウントに、Amazonギフト券を登録(チャージ)することで、Amazon(Amazon.co.jp)での買い物や各種サービスでチャージした分だけ使うことが出来ます。

購入したい商品に対して、残高が足りなくなったら、再び、Amazonギフト券を追加購入して、Amazon.co.jpのアカウントに追加登録(チャージ)することで、利用可能金額(Amazonギフト券 残高)を追加することができます。
都度、必要な(足りなくなった)金額を買い足すことができるので、使い道に悩んでいた微妙な残高も、便利に有効活用できます。

万が一、購入したい商品の金額に対して、Amazonギフト券 残高が足りない場合も、別の決済手段(クレジットカード支払いや、代金引換、コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いなど)を指定して、足りない金額を別の決済手段で支払うことが出来ます。

※ 商品・サービスによって、利用可能な決済手段が異なります。詳しくは、Amazon.co.jpの購入したい商品のページや、支払い方法(ヘルプ&カスタマーサービス)で確認をして下さい。


Amazonギフト券はプリペイドカード/コードです。
“プリペイド(Prepaid)”の名の通り、先にお金を支払って(プリペイドカード/コードを購入して)、あとで商品を購入する・サービスを利用するタイミングでオンラインの決済します。
(プリペイドカード/コードの正式な名称は、第三者型前払式支払手段。Amazonギフト券は、資金決済に関する法律[資金決済法]に基づいて、第三者型の発行者として登録されている、法律に準じたプリペイドカード/コードとなります。)

Amazonギフト券は、プリペイドカードであるため、クレジットカードを持っていない、クレジットカードを持っていても使いたくない、使いすぎ防止したい、計画的なショッピングをしたい方に、最適な決済手段です。

Amazonギフト券は、俗称で「アマギフ」などと呼ばれているように、Amazon.co.jpの利用者には、浸透している決済手段の一つです。

もちろん、普段はクレジットカードや代金引換などで決済している方が、Amazonギフト券のお得な購入方法で、買い物やサービス利用でコストセーブが出来るかと思います。


どこで使えるの?

Amazonギフト券は、以下のサービスで利用できます。
※日本国内で売っている「Amazonギフト券」は、日本のAmazon (Amazon.co.jp)で利用可能です。

参考 Amazonギフト券の使用 (ヘルプ&カスタマーサービス)Amazon.co.jp (公式)

▼アプリ内課金(ゲーム内通貨の購入)などでお得な「Amazonコイン」の記事はこちら

有効期限はあるの?

Amazonギフト券の有効期限は、発行から『10年』となります。

※2017年4月24日より前に発行されたギフト券は、発行された方法(=購入した方法)によって異なりましたが、2017年4月24日以降は、券種(=発行/購入した方法)にかかわらず、発行から10年となりました。

有効期限(発行から10年)も長いプリペイドカード/コードなので、安心してゆとりをもって使うことが出来ると思います。

2017年4月24日以降に発行されたギフト券の有効期限は、券種にかかわらず発行から10年です。Amazonショッピングカードに有効期限はありません。

ここで、「発行」とは、Eメールタイプ、印刷タイプ等のAmazon.co.jpより電子的に送信されるタイプのものについては送信した時点、グリーティングカードタイプ、ボックスタイプ等のAmazon.co.jpより配送されるタイプのものについては発送した時点、チャージタイプ、Amazon Cash等のAmazon.co.jpがお客様のアカウントに自動的に登録するタイプのものおよびPOSAカードタイプについてはご購入いただいた時点、シートタイプおよび法人向けタイプについてはアマゾンが第一次的な取扱先に対してアマゾンが定める方法によりギフト券を送信、発送または有効化した時点をそれぞれ意味しています。具体的な有効期限は、いずれもAmazonギフト券を受け取られた際のEメールまたはお手元のギフト券の表示をご確認ください。発行日の記載がないものについて有効期限をご確認いただく場合は、カスタマーサービス(フリーダイヤル 0120-899-543)までお問い合わせください。

Amazonギフト券細則(Amazon.co.jp)
参考 Amazonギフト券細則Amazon.co.jp

どんな種類があるの?

Amazonギフト券の購入方法には、いくつかのタイプがあります。
今回は、以下のタイプについて説明します。

▼▼コンビニ、家電量販店、スーパー、ドラッグストアなどで購入する方法

▼▼Amazon.co.jpで購入する方法

カードタイプ (コンビニなどで購入可能)

カードタイプのAmazonギフト券は、主に「お店」(リアルの店舗)で購入します。
コンビニエンスストア、家電量販店、スーパー、ドラッグストアなどで購入できます。

店舗内の売場にあるカード(上記画像のカード)をレジに持っていき、レジで支払いをすることでカードが使えるようになります(有効化されます)。
※Amazonギフト券などのプリペイドカードを購入する際は、身分証などの提示は不要です。主に現金で購入することが出来ます。

カードタイプで購入可能なAmazonギフト券は、以下の種類となります。
※販売店によって、取扱っているカードの金額(値段)が異なります。
※利用可能金額(額面金額)と同じ値段(等価)で購入することが出来ます。

  • 固定金額 [3,000円 / 5,000円 / 10,000円 / 20,000円]
  • バリアブル [1,500円〜50,000円の間で、1円単位で金額を指定可能]

※Amazonギフト券のバリアブルカードは、購入時に、レジで[1,500円〜50,000円]の欲しい金額を口頭で指定します。購入手数料は掛からないので、必要な金額を指定するだけで大丈夫です。
(例: 2,021円分が欲しい場合は、「2,021円でお願いします」と口頭で指定)

実際に利用する際は、カード裏面の銀色部分のスクラッチを剥がし、印字されているコード(英数字混在の文字列)を入力します。
※一般的な紙の商品券と異なり、印字されているコード(文字列)が金銭的な価値を持っています。

Amazonのスマホアプリの場合は、ギフトカードのコードをカメラでスキャン(読み取る)機能がついています。ギフトカードのコード(英数字混在の文字列)を、手入力しないで、自分のアカウント(ギフト券の残高)に登録できるので、大変便利な機能です。

また、一部のコンビニエンスストアなど店舗では、店頭で購入したAmazonギフト券を、手渡しでそのままプレゼント可能な「Amazonギフト券 ギフトボックス付き」(3,000円〜50,000円で金額指定ができるバリアブルカード)や「Amazonギフト券 商品券タイプ」(10,000円: 1,000円券×10枚組)などの取扱もあります。
急なプレゼントを用意しなくてはならない時などに、大変便利です。

Amazonギフト券
ギフトボックス付き
参考

カードタイプで購入可能な店舗では、多くの場合、Amazonギフト券のカードは、App Store & iTunes ギフトカード、Google Play ギフトカード、ニンテンドープリペイドカード、プレイステーション ストアカード、WebMoneyギフトカード、ビットキャッシュカードなどの様々なプリペイドカードと同じ売場(什器やコーナー)に並んでいます。

カードは、どこで売っているの? どこで買えるの?

※下記のBoxクリックすると、Amazonギフト券( カードタイプ)の買える場所(店舗)を確認することが出来ます。


シートタイプ (コンビニで購入可能)

シートタイプのAmazonギフト券は、コンビニエンスストアにあるマルチメディアキオスク端末(MMK端末)を使って購入します。

マルチメディアキオスク端末とは、いわゆるLoppi・Famiポート・マルチコピー機のことで、各種チケットや入園券などの購入や、各種代金の支払いなどでおなじみの端末となります。

※一部、駅ナカ店舗などにはマルチメディアキオスク端末が設置されていないので、コンビニエンスストアのwebページ等で事前確認が必要です。

Loppi(ロッピー)
Famiポート(ファミポート)
マルチコピー機
(セブン-イレブン)

各端末の「プリペイドサービス」のメニューを選択し、「Amazonギフト券」を選びます。

シートタイプのAmazonギフト券は固定金額のみで、
[2,000円 / 3,000円 / 5,000円 / 10,000円 / 20,000円 / 25,000円]
となります。
※販売店によって、取扱っているカードの金額(値段)が異なります。
※利用可能金額(額面金額)と同じ値段(等価)で購入することが出来ます。
※金額指定(バリアブル)での購入はできません。

マルチメディアキオスク端末を操作して、Amazonギフト券の金額を選択(あわせて各種確認事項をチェック/同意)すると、払込用紙(払込票)がマルチメディアキオスク端末から印刷されて出てきます。

払込用紙(払込票)をレジに持っていき、支払いを完了すると、レジ内でシートタイプのAmazonギフト券が印刷され、商品として受け取ることが出来ます。

上記のシートにギフト券のコード(英数字混在の文字列)が 印刷されていますので、このコードをAmazon.co.jpのアカウントにチャージ(入力)して利用します。
コードを入力して登録すると、自分のアカウントのギフト券の残高に登録分が追加されます。

コンビニで、カードタイプの欲しい固定金額カードが品切れしていたりする場合にも、マルチメディアキオスク端末を操作して購入することができます。


メールタイプ

Amazon.co.jpのEメールタイプ Amazonギフト券から購入する事ができます。

金額は、15円〜50万円まで、1円単位で指定することが出来ます。

Eメールで送信した際に表示されるデザイン(絵柄)を選んだり、メール送信先(受取人)や、贈り主やメッセージの指定をすることが出来ます。
また、Eメールタイプ Amazonギフト券の送信日も、購入当日から1年先まで予約設定することが出来るので、ちょっとしたギフトや贈り物にも最適です。
※誕生日や記念日などに忘れずに、また離れた人に贈るのにも最適です。

特に、個人の趣味嗜好や好みも多様化する昨今には、Eメールタイプ Amazonギフト券も、贈り物の一つの選択肢となります。

Eメールで受け取ったAmazonギフト券は、メール本文中の「アカウントに登録する」ボタンを押すことで、アカウントに登録(チャージ)することができます。

メール本文中の「ギフト券番号」をコピーして、Amazon.co.jpにログインしている状態で「アカウントに登録」することでも可能です。
(個人用とビジネス用などAmazon.co.jpのアカウントを分けて使っている方などには、登録先を間違えることが少ない方法です。)

また、YouTube、Twitter、Instagramや動画生配信などで、フォロワーキャンペーンなどを行っている方などにとっても、Eメールタイプ Amazonギフト券は、オススメです。いったん自分のメールアドレス宛にEメールタイプ Amazonギフト券を購入して送ることで、届いたメールからコピペでダイレクトメッセージ(DM)に貼り付けて送信することが出来ます(Eメールタイプ Amazonギフト券は複数枚同時に購入することが出来ます)。カード型を購入して、ギフト券の文字列(番号)を手入力している方は、入力ミスと時間の削減が出来ます。もちろん、メールアドレスがわかっている方に送信する場合は、最大999件のメール受取先を指定することが出来ます。

コロナ禍で直接会って、ギフトや贈り物をすることが困難なシチュエーションも増えてきました。Eメールタイプ Amazonギフト券は、非対面で、非接触で、密にもならずに、いわゆる三密を避けて、一方で大切なメッセージを添えてギフトを贈ることが出来ます。コロナ以降も定着していくギフトの贈り方になっていくと思われます。

おとくな使い方MEMO

こんな場合にも、自分宛てのプレゼントとして、自分自身のメールアドレスを指定して贈ることができます。

  • クレジットカードの貯めているポイントがあと僅か足りない。マイレージがあと僅か足りない。(いわゆる、丘マイレージを貯める一つの方法です。)
  • ブランドプリペイド(VISAやMasterCardやJCBのプリペイドカード)の残高がビミョーな(中途半端な)金額で残ってしまい、使い切ってしまいたい場合。
  • ブランドプリペイド(VISAやMasterCardやJCBのプリペイドカード)の未利用期間が続いて、特に買い物も予定がなく、休眠カード手数料が発生してしまいそう。有効期限が近づいてきてしまっている。(Eメールタイプ Amazonギフト券は、15円から金額指定で購入できます。)

※2020年12月22日に発行停止となった、JCBのブランドプリペイドカード「LINE Pay カード」(既存の利用者はプリペイドカード有効期限まで利用可能)のようなケースで、残高を使い切るのにも、Eメールタイプ Amazonギフト券での自分宛ての購入は便利な方法です。

ブランドプリペイドカードとは? (詳細)

ブランドプリペイドカードとは、国際ブランド[Visa / MasterCard / JCB]などの決済システムを利用したプリペイドカードです。
 

インターネット上や店舗などで、[Visa / MasterCard / JCB]などのクレジットカードと同様に利用できるプリペイドカードです。
※ブランドプリペイドカードには、一部のインターネット専用のもの(実際の店舗では利用できない)もあります。
 

カード毎に使い切りのタイプや、リチャージや合算が可能な、様々なブランドプリペイドカードがあります。
 

ブランドプリペイドカードには、チャージ, 購入する際の手数料が無料のもの、有料のものがあります。
 

詳しくは、各ブランドプリペイドカードのホームページで、使い方などを確認して下さい。

ブランドプリペイドカードの例

コンビニなどで売っているブランドプリペイドカードの例です。

詳しくは、各ブランドプリペイドカードのホームページで、取扱店舗などを確認して下さい。

携帯電話事業者のブランドプリペイドカードの例です。

スマホから簡単に申し込めるブランドプリペイドカードの例です。

ブランドプリペイドカードは、他にも多数あります。
webなどでよく調べた上で、利用を検討してみて下さい。


チャージタイプ

自分自身のAmazonギフト券残高に、チャージする方法です。

クレジットカード・コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いなどが選べますが、おすすめは『コンビニ支払い』です。

なんと言ってもお得なのは…
チャージ金額に応じて、Amazonポイントが付与されることです。
Amazon.co.jpで、ほぼ常設で(長期に渡って実施されている)ポイント還元施策となります。

Amazonポイントは、1ポイント=1円として、Amazon.co.jpで利用できます。

貯まったポイントは、1ポイント=1円として、1ポイントからご使用いただけます。Amazon.co.jpサイトが販売しているほとんどの商品のお支払いに使用可能です。

しかも、ポイント付の商品ご購入の際に、ポイントでお支払いいただいても、ポイントが貯まります。たとえば、本を買って獲得したポイントでポイント付のシャンプーを買って、また次のお買いものでポイントを獲得、など、お好みの方法でポイントをご利用いただけます。

有効期限は最後のお買い物から1年間。Amazon.co.jpでお買い物をしていただくと自動的に延長されます。

(参考)Amazonポイント

コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払い でチャージすると…
プライム会員は、最大2.5%ポイントの還元率となります。
通常会員は、最大2%ポイントの還元率となります。

付与率 1回あたりのチャージ金額に応じ、プライム会員(家族会員は対象外)は1.0%~2.5%。通常会員は0.5%~2.0%

(参考)Amazonチャージ
(参考)Amazonチャージ

また、プライム会員の場合、クレジットカードでのチャージは、0.5%ポイントとなります。
※詳しくは、Amazonチャージのページをご確認下さい。

プライム会員で10万円をチャージした場合、2.5%の還元率で2,500円分のポイントが還元されます。

テレビや家電、PC(WindowsPC、 mac)、タブレット(Apple iPad)、スマホ端末(Andoroid)、人気ゲーム機(Nintendo Switch、PS5、Xbox Series X)などの高額商品を購入する際に、Amazonチャージで、Amazonポイントを貯めることが出来ます。後日、溜まったポイントを、ケーブルや周辺機器などを追加購入する際に利用できるので、だいぶお得になります。

Amazonチャージで付与されるAmazonポイントは、利用月の翌月中旬頃に付与されます。

付与時期 毎月中旬 ※毎月1日から末日までの対象注文分のポイントをまとめて翌月中旬に付与 

(参考)Amazonチャージ

Amazonポイントの付与状況は、Amazon.co.jpのマイポイントの画面で、獲得履歴(獲得予定ポイント)や利用履歴を確認することが出来ます。

Amazon.co.jpの商品には、購入時にAmazonポイントが付与されるものも多数あります。AmazonチャージでAmazonポイントを貯めて、商品購入(Amazonギフト券を利用した決済)でもAmazonポイントを貯めるといった、いわゆるポイント二重取りも可能です。

もちろん、Amazon.co.jpを頻繁に使う人にとっては、こういったAmazonポイントを効率的に貰う方法で、プライム会員の月額利用料金も元を取ることが、出来てしまします。

チャージは、Amazonチャージのページから、固定金額または1円単位の金額を入力します。
※固定金額は、ポイント還元率が変わる金額単位となっています。

次へ進むと、確認画面『注文内容を確認・変更する』になります。デフォルトで設定している支払方法(普段指定しているクレジットカードなど)が選択されていますので、ポイントを高還元率でもらえる決済方法である『コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払い』に変更します。

※デフォルトの支払方法を『クレジットカード』にしている場合は、要注意です。勢い余って、注文確定してしまうと、0.5%のポイント還元率が適用されてしまいます。

注意
Amazon.co.jpの確認画面は、しっかりと『確認』してから、注文を確定しましょう

注文を確定すると、コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いを選択した場合は『お支払番号のお知らせ』メール。クレジットカード購入をした場合は『チャージ完了メール』が届きます。

コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いを選択した場合は『お支払番号のお知らせ』メールの『お支払い方法別の手順』に記載されたリンクをクリックすると、各コンビニエンスストアでの支払い方法や、銀行ATM、インターネットバンキング、iDでの支払方法が確認できます。

コンビニエンスストアで支払う場合は、支払方法は現金のみとなります。

[ローソン / ファミリーマート / ミニストップ / セイコーマート / デイリーヤマザキ / セブン-イレブン]を選択し、表示される画面に従って、コンビニエンスストアのレジで支払いを行うと、 約5分後にチャージが反映され、直接アカウントに残高追加が追加されます。

※コンビニエンスストアで支払った情報がシステム的に反映されるのに、タイムラグが発生して5分以上かかる場合もある模様です。(レビュー参照)
予め、 時間のゆとりを持って、チャージするのが安心かもしれません。


配送タイプ

物理的なカードや商品券、封筒、メッセージカードの形で、Amazonギフト券を贈る方法です。
離れた場所の人に贈る時や、対面でプレゼントや景品(賞品)を渡すような送別会/忘年会/新年会/転勤/異動/餞別/出産祝い/結婚祝いなどを用意する場合にも最適なギフトとなります。

それぞれAmazonギフト券の金額指定が行えるので、ギフトを贈るシチュエーションや、予算に併せて金額を指定することが出来ます。それぞれのタイプにより、指定できる金額が異なります。

Amazonギフト券の金額指定は、記念日(2021年で2,021円指定)や、会費等で集まった金額の端数まで指定するのにも最適です。イベントの会費や集金額などの残ってしまった端数だけ、Amazonギフト券にしてプレゼントしまうなど、幹事さん必見の方法もあります。

また、配送料も無料なので、購入費用をAmazonギフト券の金額に指定することが出来ます。(カートに入れて、最後に送料が掛かることを知って、気持ちが萎える!?なんてことはありません。)

商品券タイプ封筒タイプは、目上の方や、金額が高い場合など、少しフォーマルな雰囲気で、Amazonギフト券を贈りたい時に向いています。Amazonギフト券は、「少しカジュアル過ぎるかな?」と悩んでいる贈り主の方も、一度、確認してみると、案外、Amazonギフト券を贈るシチュエーションに合っているかもしれません。

ボックスタイプグリーティングカードタイプは、メッセージを添えたり、デコレーションがある為、Amazonギフト券を受け取った方も、開封するまでの「ドキドキ感」(なんだろう感?)が演出できます。

ボックスタイプは、そのままAmazonギフト券を渡したも、喜ばれるパッケージ(缶タイプやギフトボックスなど)に入っています。ギフト券の金額は5,000円からとなっています。(配送料は無料)

マルチパックは、10枚組になるので、まとめてAmazonギフト券のカードタイプを手配したい方に最適です。

▼プレゼントで贈るAmazonギフト券のデザインに迷ったら、下記の人気度ランキング(過去24時間で売上が伸びた商品のランキング)、人気ランキング(Amazonで、ギフト設定されている注文のランキング)、売れ筋ランキング(Amazon.co.jpの売れ筋ランキングで、1時間毎に更新されています)、ほしい物ランキング(ほしい物リストに追加された商品のランキングで毎日更新されています)を参考にすることで、季節やトレンドに合わせたギフト券選びができます。
※Amazonギフト券の種類が豊富なだけに、迷ったら、ランキングを参考に選んでみましょう。

印刷タイプ

印刷タイプも、幹事さん必見のAmazonギフト券の買い方、贈り方です。
なかなか会費が集まらかったなどの理由で、送別会/忘年会/新年会/転勤/異動などのギフトを事前に用意できなかった時や、急ぎの時に最適です。

Amazonギフト券の印刷タイプは、購入が完了すると、PDF形式のファイルをダウンロードできるリンクが、メールで届きます。
あとは、プリンターで印刷するだけで、Amazonギフト券を対面で渡す準備が整います。(寄せ書きの色紙に貼るなどのアイデアもあります。)

固定金額以外にも、金額指定(15円〜50万円まで、1円単位で可能)となるので、集めた会費の端数まですべて使い切ってAmazonギフト券を購入する場合や、記念日(2020年で2,020円指定)などで金額指定する場合にも最適です。

Amazon.co.jpのAmazonギフト券のページには、用途別でギフト券のタイプやデザインを選ぶメニュー「用途で選ぶ」があります。
「用途で選ぶ」メニューには、[誕生日 / 出産祝い / 結婚祝い / お礼・内祝い / お祝い・プレゼント / 景品・記念品 / 多目的 / Kindle / お正月 / バレンタインデー / ホワイトデー / 新生活 / 母の日 / 父の日 / 敬老の日 / クリスマス / お歳暮・お中元]と、贈る目的やシーズンイベントで、ギフト券のタイプやデザインを選べるので、大変便利です。

Amazonギフト券の利用方法

[アカウントサービス]

スマホ(web/アプリ)の場合は、ハンバーガーメニュー(左上の三本線のアイコン)を選択。

PC(ブラウザの場合)は、上部にある「◯◯さん アカウント&リスト」をクリック

[Amazonギフト券]

スマホ(web/アプリ)の場合は、メニュー内の「支払い&住所」のカテゴリにある「Amazonギフト券登録する」を選択。

PC(ブラウザの場合)は、「アカウントサービス」メニュー内の「Amazonギフト券 (残高の確認・ギフト券の登録)」をクリック

ギフト券を登録する

カード裏面に印字されているコード(英数字混在の文字列)を入力します。

Amazonのスマホアプリの場合は、ギフトカードのコードをカメラでスキャン(読み取る)機能がついています。

参考 Amazonギフト券を登録する(ヘルプ&カスタマーサービス)Amazon.co.jp

キャンペーン(値引や増量はあるの)?

Amazonギフト券のキャンペーンは、不定期に行われています。
増量や割引のキャンペーンよりも、コンビニエンスストア等で実施される複数種類のプリペイドカードキャンペーンの対象商品になっている傾向が見受けられます。(例: 対象のプリペイドカードを購入して、賞品に応募しよう のようなキャンペーン)

また、Amazonギフト券は、企業キャンペーンのプレゼント・景品・賞品となっている傾向も見受けられます。(例: 新商品告知のTwitterリツイートキャンペーン、新着スマホゲームのTwitterリツイートキャンペーン など)

クレジットカード各社のポイントサービス(マイレージサービス)でも、Amazonギフト券への交換が、常設されている傾向にあります。交換レートや、交換できるタイミングは、クレジットカード各社のポイントサービスのポイント交換画面などで、確認することができます。

Amazon.co.jpのサイト内でも、エントリー制でAmazonギフト券の購入と、別の条件を満たす(例:ギフト券を誰かにプレゼントする、ギフト券と同時に別商品を購入する)と、Amazonポイントが付与されるキャンペーンも不定期で実施されています。Amazon.co.jpのサイト内でも、バナーなどでこういったオトクな情報が案内されています、しかしながら、なかなかキャンペーンの情報を見つけられない方や見落としがちな方は、定期的にPrepaid maniaの記事をチェックして頂いたり、Prepaid maniaのTwitterをフォローして頂くと、オトクなキャンペーン情報を見つけやすいと思います。

Prepaid mania キャンペーン記事

参考 Amazonギフト券キャンペーンPrepaidmania

※過去の記事を含みます。(抜粋)

[Amazon ギフト券] ザ・マスクド・シンガー独占配信!オリジナルTシャツや1,000円分のAmazonギフト券が当たる! ファミリーマート限定キャンペーン | 2021年10月11日(月)まで[Amazon ギフト券] Echo Studioや1,000円分のAmazonギフト券などが当たる! セブン−イレブン限定キャンペーン | 2021年8月15日(日)まで[Amazon ギフト券] Amazonギフト券購入で「モンスターストライク」ゲーム内アイテムプレゼント | 2021年6月7日(月)まで[Amazon ギフト券] Amazonギフト券購入で「モンスターストライク」ゲーム内アイテム応募者全員にプレゼント | 2021年6月7日(月)まで

Amazonギフト券のキャンペーンの最新情報は、Prepaid mania(プリペイドマニア)で、確認して下さい。


『Amazonギフト券のコード教えて』は詐欺です!!
メール、LINE(ライン)、TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)で、『Amazonギフト券のコード教えて』と届くのは、多くの場合、詐欺です。
Amazonギフト券のコード(文字列)には、金銭的な価値があります。
他人にコード(文字列)を伝えると、他人に使われてしまいます。いざ自分で使おうとすると、使用済みになってしまいます。
無料配布でもらったコードも、TwitterなどのSNSで公開することも同様です。
本当の友人に、自ら送るプレゼント以外では、人に教える/伝えることは、『詐欺』の可能性があります。
気をつけましょう!!
参考 ギフト券詐欺にご注意くださいAmazon.co.jp (公式)
正規販売店で無いお店に注意!!
一部のwebサービスやECサイトではでは、買い取ったAmazonギフト券を(割引などを伴って)転売しているケースがあります。

一見、お得に感じてしまいますが…
Amazon(公式)の利用規約(Amazonギフト券 細則)では、Amazonギフト券の転売、換金、他のプリペイドカードとの交換などが、禁じられています。
非正規販売店を利用するリスクは、各個人の自己責任となるので、ご注意下さい。

転売や詐欺などで不正取得されたAmazonギフト券を購入した場合は、Amazonギフト券がロック(凍結処理)されたり、無効化処理や関連したアカウントが停止となることがあります。
また、Amazonギフト券をこれらのサイトなどで転売した場合も、アカウント停止の対象となることがあります。
最近では、非正規販売店でAmazonギフト券を購入し、利用規約違反でアカウント停止や残高が無効となったというwebニュースも散見されています。

※当記事(Prepaid mania)では、Amazon.co.jp、または、正規販売店での購入方法を紹介しています。

制限

法律で要求されている範囲を除き、ギフト券に金額を補充すること、ギフト券を再販売その他対価をもって譲渡すること、ギフト券を未承認の商用目的(例えば、再販売または在庫調達)で使用すること、換金することまたは他のアカウントで使用すること、その他Amazonギフト券に関する制限および禁止行為において禁止されている方法により使用することはできません。アマゾンサイトのアカウントに登録されたギフト券の未使用残高は譲渡できません。

Amazonギフト券細則

Amazon.co.jpのページでは、Amazonギフト券の購入に関する注意として、Amazon.co.jpが承認していない、詐欺や不正取得などの可能性があるAmazonギフト券が販売されている事例の報告がある販売サイト名(購入サイト名)を公開しています。

参考 Amazonギフト券を転売サイトから購入しないでくださいAmazon.co.jp (公式)

その他のプリペイドカードのトラブルも、国民生活センターで事例が報告されています。
プリペイドカードの購入は、正規販売店で行いましょう。

電子ギフト券の買い取りサイト。利用しても大丈夫?

購入トラブルの事例

転売されたギフト券の購入や利用についても、電子ギフト券の発行元や運営会社により規約で禁止されている場合が多いです。

オークションや買い取り業者を通じて、電子ギフト券を購入した人からの相談では

●「ギフト券の売買サイトから購入した電子ギフト券を利用することができなかった」

●「不正入手であるとして、運営会社にアカウントを停止された」

などの事例が寄せられています。

〜 (略) 〜

トラブルを未然に防止して安全に利用するためには、普段から運営規約や利用規約を確認しておくことはもちろんのこと、信頼できる相手以外には、電子ギフト券のカード番号を安易に知らせず大切に管理することを心がけましょう。

独立行政法人国民生活センター
参考 電子ギフト券の買い取りサイト。利用しても大丈夫?独立行政法人国民生活センター

本サイトはweb公開されたキャンペーン情報を記載しています。情報は、記事執筆時点のものとなります。詳しくは、公式キャンペーンサイトの情報をご確認下さい。主催者等の事情により、キャンペーン内容の変更などが生じる場合もございます。キャンペーン内容のお問い合わせは、公式キャンペーンサイトに記載される先へ、記載された方法でお問い合わせ願います。なお、本サイトでは、紹介するキャンペーンに関わる責任は一切負いません。


Prepaid mania(プリペイドマニア)は、プリペイドカードやプリペイドコードのキャンペーン(セールスプロモーション)を中心に、[値引・割引・増量(ボーナスコード)・アイテムコード・ポイント付与・デジタルコードやデジタルギフトなどの特典・抽選・賞品がもらえる]などのオトクな情報をご案内しています。


Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

当記事は、「Amazon.co.jpアソシエイト」プログラムに参加しています。